2021年 4月 外来結果報告

まるんての通院記

こんにちは! まるんてです!

僕は2018年5月に「急性リンパ性白血病」と診断されました。

そこから2年間の治療を経験しています。(2020年6月、治療終了)

僕の入院は1ヶ月以上の入院が5回続き、その後は毎月1週間の入院生活を約1年半続きました。

 

4月1日(木)

毎月1回の通院に行ってきました!

今回も特に問題はありませんでした!!

またいつもと同じように結果をまとめておきます。

 

今月も問題なし!

今回の採血結果も問題なしでした!

 

白血球数が「7180」

僕の今までのデータは4000~5000くらいで、それと比べると今回は少し高い数値に見えました。

でも今日の「7180」という数値も基準値内の数値なので、医師からは特に問題はないとの事でした!

 

血糖値は「57」で低かったです。

今日の朝食は昨日の残りご飯だったのですが、その量が思っていたよりも少なかったんですよね。。。

なのでヨーグルトにジャムを多めに入れて、普段食べるよりも甘くなったヨーグルトを食べてきました。

そこで糖分を摂取したつもりでしたが、それでも足りなかったみたいです。

インスリンを打つ事にはもう慣れていますが、それゆえに食べる量を確認せずに注射をして、今日はミスをしてしまいました。

こういう失敗もあるのかと思いつつ、これからは気を付けようと思います。

 

HbA1cの数値は「6.4」

この数値は、「長い目で見て血糖値の調整が上手くいっているのか」を見る事ができます。

これが高くなると良くないのです。

普通の人の基準値は6以下ですが、僕の目標は7以下なので全然問題ない数値でした。

ですが少し前の僕のデータと比べると、6.1や6.2が多かったのでだんだんと数値が高くなってきてしまっています。

 

僕は最近、本当に生活リズムが良くなってきました!

まあ一応、今までも12時に寝て8時までには起きていました。

でもずっと家にいるとどうしても食事が面倒になってしまい、よく朝昼が一緒になって1日2食になっていました。

しかし最近はしっかり1日3食食べるようにしています!

というのも、この4月から僕は大学に通う事になったので、それに向けて本格的に気を引き締めてみました!

なので食事の回数や量が増えたので、その分血糖値の調節も難しくなったのかなと思います。

血糖コントロールはこれからも常に気を付けていきます。

 

通院が2月に1回になるっぽい!

僕は通院生活が始まってから5月で1年になります!

なので主治医が、そろそろ通院の頻度を伸ばしてもいいかなと言っていました!

 

この通院に行く頻度が減るのはとても嬉しいです!

 

僕の入院生活は途中から毎月1週間というのが1年半くらい続きました。

この時、退院していても1週間に1回の通院がありました。

これはとても面倒でした。

採血して、主治医と数十秒だけ「今回の採血も問題ないよ」と言葉を交わすだけなのに、3時間以上待たされていましたからね。

今もそれは変わりませんが、あの頃はまだ長い待ち時間に慣れていなかったし、それが毎週というのが本当に嫌でした。

今ではあの頃からブログでなくても日記なんかを書いて、その時の気持ちを残しておけばよかったなと思います。

2020年 8月 外来の結果報告
今日は内服薬が無くなって、通院が月に1回となってから初めての外来でした。 今までは薬の量を調整しながらだったので、毎週の通院でした。 久しぶりの外来に行ってきたので、その報告をしていきます。 結果は大丈夫、とてもよかっ...

 

そんな1年半ほどの毎週の通院生活を終え、今のような月1の通院生活になりました。

月に1回になるととても頻度が減ったように感じる事ができて、気持ちも軽くなった気がしています。

そんな通院が今度は2月に1回になるのだから、これは本当に嬉しいです。

ちゃんと前に進めている感じがして気分がいいですね!

 

通院の頻度が減るのが待ち遠しいです!

 

まとめ

今の通院生活が始まってから1年が経つのか。

とりあえずこの1年、何事もなくてよかったです。

 

でも本当に通院の事については慣れてしまいました。

通院の日の1日の流れや長すぎる待ち時間なんかは特にですね(笑)

むしろこの時間で、読書や勉強ができてよかったと思っています!

長い病院の待ち時間! オススメの過ごし方は?
いつも待ち時間が長すぎる。 僕は通院のたびに嫌な気持ちになっていました。 こんな長い時間、何か暇つぶしを準備するなどして対策をしないと結構きついです。 今回はそんな僕の経験から、この待ち時間をどう乗り切ってきたかを紹介しようと思います!

 

ただ通院の頻度にかかわらず、血糖コントロールは続くし、白血病も完治しているわけではないです。

これからも自分でできる事は頑張っていこうと思います!

 

ではまた! ばいにゃら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました