【抗がん剤の副作用】 20歳で髪が抜けちゃった話 退院後はちゃんと戻るの?

白血病

こんにちは! まるんてです!

僕は2018年5月に「急性リンパ性白血病」と診断されました。

そこから2年間の治療を経験しています。(2020年6月、治療終了)

僕の入院は1ヶ月以上の入院が5回続き、その後は毎月1週間の入院生活を約1年半続きました。

 

今回は僕が経験した「脱毛」についての話を指定と思います。

 

抗がん剤治療となると、副作用による脱毛が心配な方も多いのではないでしょうか?

そこで全ての治療を終えて6ヶ月経過している僕が、治療中の僕が経験した脱毛の話や、現在の状態についての話をしようと思います!

 

治療が始まって2週間しないで脱毛した

 

僕は治療が始まってすぐ、1週間と少し経ったくらいで脱毛が始まりました。

僕はあらかじめ看護師さんに、治療を始めてからどれくらいで脱毛が始まるのかを聞いていました。

聞いた話では、周りの患者さんの多くは2回目の入院から抜ける人が多いそうで、それを聞いて僕は「最初の入院ではハゲないのか!」と安心していました。

 

しかし実際は初めての抗がん剤治療中に脱毛が始まり、僕の体感ではすぐに髪が抜けてしまった感じでした。

看護師さんは、僕は当時19で若いので細胞分裂も活発だった分、他の患者さんよりも脱毛が早かったのかな。と言っていました。

 

もちろん髪がどんどん抜けてしまった最初は少しショックでした。

最初は朝起きたら枕に髪がパラパラと付いていて、と思えば次の日にシャワーを浴びると、それはもうどんどん抜ける。

抜ける時は全く痛くなく、抜けている感覚も全然分かりません。

手ぐしをするとその度にどんどん抜けてしまいます。

髪が抜けすぎて処理が大変なので、しばらくは洗髪台で頭を洗っていました。

その時のショックは大きかったですが、それもその時だけでした。

僕は正直それほど髪型にこだわりが無かったし、ハゲならハゲでそれを面白がっていました!

また洗髪台でゴッソリ髪が抜けている時も、ショックを受けながらもその体験を楽しんでいる自分もいたんですよね(笑)

これは今だから笑って話せる、と言うわけではありません。狂っているように聞こえてしまうと思いますが、本当におもしろおかしく思っていました。

実際に抜けた髪で鳥の巣を作ったりして遊んでいましたね(笑)

 

あと脱毛して知ったのが、髪がどんどん抜けても完全にツルツルまではいかないと言うことです!

所々で髪の抜け残りがあり、その髪は引っ張っても痛いんです。

なぜ残ってしまうのか不思議でしたが、これもほとんどの患者さんが同じなんだそう。

結局ピョコピョコ残ってしまった髪は、家のバリカンで切ってしまいました。

 

最初は下の毛から抜け始めた

僕が脱毛に気がついたきっかけは、頭の毛ではなくアンダーヘアでした。

 

いつも通りシャワーを浴びていると、体もしっかり洗ったのにお股がちょっと痒かった。

その時に僕はなんとなくアンダーヘアを引っ張ってみたんです。

するとその半分ほどの毛が抜けてしまいました!
しかも全く痛くなく、抜ける感覚がなかったんです!

僕はこの時が、「これって脱毛じゃね?」と初めて感じた瞬間でした。

そしてその2日後には、朝起きると枕に髪がどんどん抜け落ちている状態になりました。

 

髪は抜けることは分かっていたので、自分から引っ張ったりすることは無かったのですが、下の毛は完全に油断していました。

僕自身、まさか下の毛も抜ける事に驚きましたが、そのおかげで頭の脱毛の心構えができたのも覚えています。

あと地味にアンダーヘアがないのはスッキリしていてよかったですね(笑)

 

治療中2回脱毛した

僕は抗がん剤が始まってすぐと、5回目の最後の長期入院で、合わせて2回の脱毛を経験しました。

と言うのも、4回目の長期入院の時の抗がん剤が弱かったのか、ふさふさの柔らかい髪が少しだけ生え始めていました。

しかしこの髪も、5回目の長期入院の時にはやっぱり抜けてしまいました。

 

ただこの2回目の時は全くショックは無かったです。

ハゲてしまってもまた生えてくることは分かったし、本当に短いフッサフサの生えはじめの髪が抜けただけだったので全然平気でした!

2回目の脱毛の時はその抜けた髪が短すぎて、枕についてしまった髪がなかなか取れなくて、コロコロで取ったのが懐かしいです。

 

僕が持って行った帽子は2種類、全5枚

僕は脱毛している間に被る医療用帽子を3枚、ニット帽を2枚持っていました。

 

医療用帽子は親が買ってきてくれて、ニット帽は元々持っていた物と友達が入院中の誕生日プレゼントにくれた物でした。

このプレゼントは結構嬉しかったですね。

 

そのままでも大丈夫ですが、おそらく多くの方が医療用帽子は必要だと感じると思います。

僕は1~2日使ったら洗濯をしていました。

そのため1枚では足りなくなってしまうので、2枚は持っておいた方がいいと思いますね。

僕は買ってくれた3枚と、時々ニット帽で回して使っていました。

 

ただ医療用帽子以外にもタオルでも全然代用は効きますし、必ずしも「脱毛=医療用帽子」と言うわけではないです!

患者さんの中には、代わりにバンダナを頭に巻いている方もいましたね!

バンダナは自分の好みの物が見つかりやすいと思うので、なかなかいいかもしれませんね!

 

生え変わって髪質が変わったかと思ったが、、、

また新しい髪が生えてきた時は、切ったわけではなく完全に新しい髪だからか、赤ちゃんのようなフサフサの髪が生えてきました。

僕の元の髪は針金のようにカチカチなので、生えはじめのフサフサ具合には感動しました!

僕の髪はあまりに硬すぎるので、寝癖がついてしまうと治すためにはシャワーを浴びないと治らないのです。

そんな髪だったので、生え変わって柔らかくなってくれたのかと喜んでいました。

 

が、そんなのも最初だけでした。

数ヶ月してしっかりと生え揃ってきた頃には、このカチカチツンツンの髪に元通りです。。。

柔らかい髪がいいなぁ。と思いつつも、この髪に懐かしさがあり、なんとも言い難い気持ちでしたね。。

 

髪は元通りになる!

 

僕がここまで話してきたように、今では抜けた髪も元通りに戻っています。

髪がなくなるのはショックが大きい人が多いと思いますが、僕はその時の経験を楽しんでいました!

だってこんな経験をしなければ、自分からスキンヘッドになろうとは思わないと思うからです!

今しかできない髪型(?)です!

どうせ髪は元に戻るので、それなら気持ちを切り替えて、髪が抜け落ちる体験やスキンヘッドの体験をしっかりと味わってみましょう!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は僕が体験した脱毛に関する話をしてみました。

 

最初は脱毛はとても嫌でしたが、いざ実際に自分で体験してみると、想像しているよりもショックが大きく無かったんですよね。

脱毛は抗がん剤を使う上でしょうがない事です。

ちゃんと後から生えてくれるので、僕は完全に割り切っていましたね。

20歳で脱毛する経験なんて普通はないと思うので、僕は本当に貴重な経験ができたと思っています!

 

それではまた! ばいにゃら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました