僕がブログを書いている理由

ブログ

こんにちは! まるんてです!

僕は2018年5月に「急性リンパ性白血病」と診断されました。

そこから2年間の治療を経験しています。(2020年6月、治療終了)

僕の入院は1ヶ月以上の入院が5回続き、その後は毎月1週間の入院生活を約1年半続きました。

 

僕は2年間の入院生活が終わるタイミングでブログを始めました。

それから6ヶ月、飽き性の僕がなんだかんだ続ける事が出来ています。

そして2021年、これからもブログの更新を続けたいと思っています!

 

今回の記事では、僕がブログを続けたい理由をまとめておこうと思います。

 

入院の経験を何かに活かしたかった

抗がん剤治療や入院生活は辛かったですが、これをただ「辛かった」で終わらせたくはないと思いました。

こんな経験をする人はなかなかいないです。

そこで、どうせならこの経験をした僕にしかできないような事をしたいなと思うようになりました。

 

 

まず考えたのは「看護師になる事」です。

僕は2年間もの入院生活をしていたので、現場の看護師さんをずっとみてきました。

そして実際に看護師さんにたくさん助けていただきました。

僕には2年間もの患者経験があるので、次は看護師になって患者さんを助ける側になりたいと思いました。

 

しかし、看護師と言うのはすぐになれるわけではありません。

国家資格を取るために、まずは専門学校や大学に入り、早くても3年間はかかります。

 

そうなるとその3年間で僕は、自分の患者としての経験が薄れてしまうと思いました。

僕は自分の経験した事やその時の気持ちがより新鮮なうちに、できるだけすぐ何かに活かせないかと考えました。

 

そこで思いついたのが、「自分の経験をブログに書く事」です!

僕の入院中の経験を文字として残しておく事が出来るし、今入院して治療している方に向けてちょっとでも役に立つような情報を発信する事もできます!

ブログならすぐに始められるし、僕のちょっと普通じゃない経験を活かして、僕にしかできない事が出来ると思いました!

 

僕はブログを続ける事で、患者だった頃の気持ちを忘れないようにする事が出来るような気がしています。

なのでこれからもブログを続けていきたいと思っています!

 

入院で辛い思いをしている方の力になりたかった

僕はブログを通じて、「同じような治療をしている方の力になれるはず」と思いました。

なぜなら僕は治療中、もっと早く知っていれば良かった事や、経験したからこそ分かった事がたくさん合ったからです。

 

例えば、僕は入院生活が始まってすぐの頃は食事が足りなくてよくカップ麺を食べていました。

その中には僕の好きな辛いカップ麺もありました。

抗がん剤治療が始まってからは口内粘膜が弱くなるので、刺激物は避けるべきなのです。

でもその頃の僕はそんな事を忘れて、お腹を満たす事しか考えていませんでした。

その結果、僕は大きな口内炎ができてしまい、数日間ご飯を噛む事が出来なくなってしまいました。

他にも自分でWi-Fiや湯沸かし器を持って行くと便利な事も、長い入院生活を過ごしていたからこそ分かった事です。

【体験談】入院中に自分で出来る、抗がん剤の副作用を予防する方法
今回は僕が白血病の治療中に気を付けていた事をまとめました! 抗がん剤には色々な副作用があります。 これらの事を早いうちから知って気をつける事ができれば、治療以外の副作用などで辛い思いをする事を少しでも和らげる事ができるはずです!

 

このように、抗がん剤治療や長い入院生活をしていたから僕だからこそ伝えられる事があります。

僕はよく昔の僕に向けて、役に立つような情報や入院中の不安を軽くしてあげられるような記事を書いています。

そうすれば、同じような思いをしている方の助けになると思ったからです。

 

 

実際に半年ブログをやってみて、嬉しい事に何度かコメントをいただけました。

僕の記事を読んでくれて、「元気もらえました!」「治療頑張って乗り越えます!」とコメントをもらえた時はとても嬉しいです!

こんな僕のブログを読んでもらえる事だけで嬉しいのに、わざわざ感想も送ってもらえるのです。その度に「ブログを始めて良かったな」と思います。

 

また僕は治療中に急性膵炎という珍しい病気になってしまった過去があります。

僕の主治医もこのようなケースは初めてだと言っていました。

 

でも僕がブログでこの経験の話を書いたところ、同じ経験をしている方からコメントを貰えたのです!

その方も「自分以外で急性膵炎を経験している方を初めて見つけました!」と言っていました。

ブログを書いていなければこの出会いは無かったはずです、その時僕は本当にブログをやってみて良かったと感じました。

 

治療を経験した僕だからこそ、誰かのためになれる事がある。

それを僕は、これからもブログという形でやっていこうと思っています。

入院の時に持っていくと便利なグッズ
実際に入院してみて分かったのですが、もともと病室においてある物はとても少ないです。 そのため、入院の際はきちんと準備をしておかないといけません。  今回は2年間の入院を経験した僕が、持って行っていた役に立つ物、入院生活に必要な物を紹介します!

 

情報発信をする側になってみたかった

僕は入院中にたまたま、このような動画を見ました。

批判を怖がらなくていい理由【時間は自分のために使うべき】

僕は元々、ブログという物がある事は知っていました。

そして僕のこんな特殊な経験があれば、「絶対に誰かの役に立つ情報を発信できるはずだ」とも思っていました。

でもネット上に自分の意見を書くのって怖いと思いませんか?

僕はどうしてもビビってしまい、なかなかブログを始める事が出来ませんでした。

 

そんな気持ちでモヤモヤ悩んでいる時にあの動画を見て、情報を発信する事はそれほど怖がる事じゃないし、やるかやらないかで悩んでいるくらいならやってしまおう。と思えました。

いざやってみれても、まず批判意見が来る事は無かったです。

僕のブログが見られたのは先月が全部で200回ほどで、そもそも読んで貰える数が少ないので、批判とかを気にする必要はなかったですね。

しかもブログは僕がいい事だと思ってやっている事なので、僕は自分のブログに自信を持っています!

僕は僕がいいなと思える事を書き続けようと思っています!

 

昔の僕は周りの目を気にしすぎて自分の道を進む事が出来ていなかったので、僕はブログを始める事が出来てとても良かったです!

ぜひみなさんもこの動画を見てみてください!

そして自分がやってみたい事はどんどんやってみましょう!!

 

まとめ

僕は白血病になった事で人生が大きく変わりました。

白血病になってしまい、嫌な事がたくさんありました。

しかしそれはもういつまでも言っていてもしょうがない事です。

なのでこれからの僕は、この嫌だった経験を逆に利用してしまおうと思っています!

今はブログで、そしていつかは看護師として活かす事ができるようになったらいいなと思っています!

 

これからもブログを通じて、誰かのためになるような情報を発信していこうと思います!

 

それではまた! ばいにゃら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました