【膵性糖尿病になってから】僕が常に持ち運びしなくてはいけない物

膵性糖尿病

こんにちは! まるんてです!

僕は2018年5月に「急性リンパ性白血病」と診断されました。

そこから2年間の治療を経験しています。(2020年6月、治療終了)

僕の入院は1ヶ月以上の入院が5回続き、その後は毎月1週間の入院生活を約1年半続きました。

 

 

僕は抗がん剤治療をしていた時、その副作用で「急性膵炎」をいう別の病気になってしまいました。

そして僕は「膵臓」という臓器が無くなってしまい、「膵性糖尿病」という持病持ちになってしまいました。

その影響で食前には必ずインスリン注射をしなければいけなかったり、脂っこい物が食べられなくなってしまったりと、少し不便な身体になってしまいました。

【死亡率30%】重症の急性膵炎になって死にかけた話
白血病になって始まった、僕の2年間の入院生活。 その中で最も辛かったのは、重症の急性膵炎になってしまった事です。  今回は僕が急性膵炎になって、死にかけた経験の話をしたいと思います。

 

なので僕はいつでもインスリン器具を持ち歩かないといけません。

そうしないと、外で何か食べたくなっても食べれないからです。

しかもこの器具が色々あって、ちょっと邪魔になってしまいます。。。

 

今回は僕が常にないといけない持ち物、「インスリン器具セット」を紹介します!

 

いつもの持ち物「インスリンセット」を紹介!

 

これが僕の「インスリンセット」です!

インスリン注射以外にも、血糖測定のための器具もあります。

 

インスリンは青と黄緑の2種類ありますが、青の方は毎食、黄緑は晩飯の時にだけ使うインスリンです。

なので晩飯の時は2種類のインスリン注射をします。

この2種類はインスリンの効果が効き始める時間に差があり、青の方はすぐに効き目が出ますが、黄緑の方はジワジワと効果が出てきます。

【インスリン注射・血糖測定】糖尿病の僕が食前にしなければいけない事
糖尿病になった僕が、「食前にしなければいけない事」を紹介します! 血糖測定とインスリン注射のやり方、知らない人からの疑問、そして僕の気持ちをまとめました!

 

そしてこれらの器具を、僕は「お弁当袋」に入れて持ち運んでいます!

このサイズがちょうどいいんですよね!

 

ただ、ちょっと外出する時にはこのインスリンセットでは邪魔になります。。。

リュックならお弁当袋でも大丈夫なのですが、そうでない時は大きくて不便です。

なので、普段の外出の時は、出来るだけ少なく小さくまとめて持って行きます!

 

出来るだけ少なくした「インスリンセット」

血糖測定の機械にはケースがあるので、そこに針やアルコール綿を入れて持ち運んでいます!

こうする事で「必要な数+予備の分」だけにして、少なくしています。

 

それから僕は使い終わった針を入れる容器に、「ガムの容器」を使っています!

持ち運びをする時、1番大きくて邪魔になるのが針捨て容器です。

そこで僕はサイズの小さい容器を探して、このガムの容器を使っています!

そして家に帰ってきたら、針捨て容器に入れ直して使っています。

ガムの容器はちょうどいいサイズで持ち運びしやすいので便利です!

 

使った針は普通のゴミとして捨てる事ができず、病院に持って行って捨てなければいけません。

これは「針刺事故」と言って、血液の付着している針が原因で、そこから感染症を引き起こしてしまう可能性があるからです。

なので使った針は、ゴミとして捨てずに絶対に持ち帰ります!

 

低血糖になった時のための「糖分」も忘れない!

インスリンや血糖測定器の他にも、必ず持ち運んでいる物があります。

それが低血糖になってしまった時のための「糖分」です!

僕は「ラムネ」を持ち運んでいます。

 

もし家で低血糖になってしまった時は、コーラなどの炭酸飲料で糖分を摂っています。

ですがコーラを持ち運ぶとなると、振ってしまい炭酸が抜けてしまう事もあります。

しかも水分なので、持ち運びにはあまりあっていない気がします。

 

なので持ち運びのしやすい「ラムネ」を持っています。

ラムネは小さいし軽いので、持ち運びにはもってこいです!

僕はこの非常食を忘れないようにするために、使うリュックそれぞれにラムネを入れておいてあります!

これで絶対に忘れる事はないはずです!

 

このラムネは有名だと思いますが、他の味があるのは知りませんでした!

今はブルーハワイ味を持っていますが、探してみると色々な味がありました!

 

まとめ

今回は糖尿病になった僕が常に持っていなければいけない物を紹介しました。

 

皆さんが外食に行った時、そこでお弁当袋を出し始めた人がいても、それは僕のようにインスリンの準備をしている人かもしれません。

なのでもしそういう人を見ても、優しく見守っていてください。よろしくお願いします(笑)m(_ _)m

 

それではまた! ばいにゃら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました