【周りから遅れてしまう】
入院中不安に思っていた昔の自分にメッセージ

入院

こんにちは! まるんてです!

僕は2018年5月に「急性リンパ性白血病」と診断されました。

そこから2年間の治療を経験しています。(2020年6月、治療終了)

僕の入院は1ヶ月以上の入院が5回続き、その後は毎月1週間の入院生活を約1年半続きました。

 

入院中にこれからのことを考えると不安に感じる方に向けて書きます。

 

順調に治療が進んでいくと、次は「この治療分の遅れが、、、」とか「これから将来が不安、、、」と考えると思います。

僕も入院中は考えていました。

でも維持療法も終えて6ヶ月以上経った今では、それほど不安には思っていません。

 

僕はこの焦りのような気持ちを、結構長い間持っていました。

なので同じような不安のある方に向けて、「遅れを不安に思わなくていい理由」を書いていきます!

 

【結論】僕は「遅れ」だと思っていない

僕は維持療法の頃、周りとの差をよく考えていました。

 

僕は元々大学生で、2年生に上がってすぐに入院になってしまいました。

治療の最初の予定では5回の長期入院だけだったので、それが終わってからなら大学に復帰したいと考え、大学を休学していました。

しかしその途中で「急性膵炎」をいう病気になってしまい、5回の長期入院後も毎月入院が必要になってしまいました。

そうなると大学に通えたとしても単位が足りないのです。

大学は休学にもお金がかかってので退学し、その瞬間から僕は「ニート」になってしまいました。

 

僕はそうなってから、とても気持ちがマイナスになってしまいました。

戻る道が無くなってしまった事もありますが、1番辛かったのは「友達との差」です。

 

僕が白血病になんてならないで順調に行っていれば、大学を卒業して来年から看護師になっているはずでした。

つまり周りの友達はもう看護師になっていくのです。

それとは逆に僕はニート。この大きな差を結構辛く感じていました。

でも今ではあまりそれ不安には思っていません。

 

生きれた

そもそも死なずに生きる事ができたのがすごい事だと思います。

白血病も一種のガンです。

今では治りやすいと言われていますが、それでもやっぱり命に関わる病気です。

その病気を乗り越える事ができた事がすごいはずです。

 

僕は特に白血病以外にも、急性膵炎でも死にかけました。

こっちは本当にやばくて、3日間意識を失っていたみたいだし、目が覚めた時はドクターに「よく生きていた」と褒められたのです。

なので僕はより生きれたことに感謝しています。

 

生きていなければ遅れも何もありません。

そう思うと、数年の遅れくらいなんだか追いつけそうな気がするのです。

【死亡率30%】重症の急性膵炎になって死にかけた話
白血病になって始まった、僕の2年間の入院生活。 その中で最も辛かったのは、重症の急性膵炎になってしまった事です。  今回は僕が急性膵炎になって、死にかけた経験の話をしたいと思います。

 

数年分の経験をしていると思う

それに僕はこの治療をしていたこと自体がすごい経験だったと思っています。

それは僕が看護師になりたいと考えていたからという事もあります。

でもそうでなくても、入院や抗がん剤の経験は普通じゃないですよね。こんな経験はまずできないです。

 

死ぬかもしれない経験、抗がん剤の経験、その副作用で辛かった経験。

たくさんの「体験した自分だから分かった事」があるはずです。

そしてそれは必ずこれからの役に立つと思っています。

生かしていただいた命だからこそ、本当に自分がやりたい事をやってみようと思えたし、自分でやってみなきゃ分からない事を知れたし、普通とは違う場に置かれて色々な刺激があったのです。

 

「こんな経験、したくてしたんじゃない」という気持ちはわかります。

僕だってこんな死ぬかもしれない経験したくなかった。だってこれらの経験と引き換えに膵臓を無くしてますからね。

でも「周りからの遅れが、、、」と悩みがあるという事は、もうあなたは治療の山場を越えているのではないでしょうか?

治療をしなければ今生きていないかもしれないし、この辛い治療をした過去は変わらない。

それならこのありえない経験を活かして、これからの自分に繋げてしまうのがいいと思います!

 

考えが変わったのは看護師さんの話を聞いてから

僕は始めから前向きだったわけではありません。

僕は入院中はほとんど勉強をしていなかったので、大学を止める事になった時は本当に将来が不安でした。

でもそんな僕が変われたのは、ある看護師さんが「今年で看護師を辞める」という話を聞いてからです。

 

その看護師さんは他にやってみたい事が見つかって、そのために新しい資格を取る勉強をしたいと言っていました。

そんな話を聞いた僕は気がついた事がありました。

 

それは、

「今の将来の夢が人生のゴールではないんだな」

と言う事です。

 

僕が看護師になりたいと思ったのは「人と話すのが好きだから」「人の役に立ちたいから」といった理由で、正直なんとなくでした。

でも僕は実際に患者になってみて、「患者としての経験を看護師で活かしたいから」といった、よりはっきりとした理由で看護師になりたいと思うようになりました。

結果的に言うと看護師で目標は変わっていませんが、環境が変わればまた違う物が見えてくる事に気がつきました!

僕が目指している看護師も、なってみたらまた違う景色が見えてきて、他に本当にやりたい事が出てくるかもしれません。

だったら焦らず、今の僕に出来る事をやってみようと思うようになりました。

 

そして実際にやりたいと思った事をやってみて、僕は色々変化がありました!

ブログで誰かのためになりそうな事は楽しいと思えたし、筋トレって楽しい事だと知れたり、ギターも挑戦してみて良かった。

僕はそういった心の変化が大きかったと思います。

勇気は一瞬、後悔は一生 【ちょっとでもやりたいと思ったら、まずやってみる】
みなさんは今、やりたい事ができていますか? 僕は19歳で白血病になりました。 それからは色々な事に挑戦しています。 僕はそこで、挑戦することは怖がらなくていい事に気が付きました! むしろ挑戦してみた時点で「勝ち組」です!

 

まとめ

治療中に「入院をしたことによる遅れ」の不安を感じたけど、今の僕はそんなに不安は無いし、むしろ色々挑戦してみてるよ!

って感じの話しをしました。

似たような不安を持っている方の気持ちが、少しでも軽くなったなら嬉しいです!

 

それではまた! ばいにゃら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました