入院中の印象に残っている感動した出来事

入院

こんにちは! まるんてです!

僕は2018年5月に「急性リンパ性白血病」と診断されました。

そこから2年間の治療を経験しています。(2020年6月、治療終了)

僕の入院は1ヶ月以上の入院が5回続き、その後は毎月1週間の入院生活を約1年半続きました。

 

今回は僕が入院していた時の印象に残っている感動した出来事を3つ紹介します!

 

僕は抗がん剤治療のための入院が長く続いたので、どうしても辛い経験ばかりに目がいってしまいがちです。

ですがそんな中でも、嬉しかった出来事や感動した出来事もありました。

この記事では、そんな経験を紹介しようと思います!

 

 

抗がん剤で辛い時、自然と背中をさすってもらった

これは僕が入院している中で、1番印象に残っている思い出です!

 

僕が白血病と診断されて最初の入院の時の事です。

初めての抗がん剤の点滴で、それはとても気持ちわるく、点滴をしている間ずっと胸のあたりがムカムカしていました。

これがまた吐いてしまうほどではなく、でもずっと吐き気がある気持ち悪さでとてもしんどかった事がありました。

しかもベットで横になると余計に気持ち悪くなってしまい、どうする事も出来ずに辛い事がありました。

 

そんな辛かった時、その日僕の担当だった看護師さんが来て、スッと自然に僕の背中をさすってくれたんです。

するとなんとなく楽になって、僕はとても嬉しかったのを覚えています。

 

僕はこの時「看護師ってすごいな」と、本当に感動しました!

しかもこの時の看護師さんが新人さんで、僕と歳が3つしか変わらなかったと思います。

もし僕が看護師だったら、こんな一瞬で自然に患者さんの背中をさすってあげる事はできないです。

僕は元々看護学生だったので、本物の看護師さんの凄さを身をもって実感しました。

きっと僕はこの時の看護師さんの名前は忘れる事がないと思います。

患者の辛さを経験できたと同時に、僕はこの時のような看護師になりたいなと思うようになりました。

 

夜中ずっと僕の話しを聞いてくれた

僕は抗がん剤治療の途中で副作用が出てしまい、膵臓という臓器が無くなってしまいました。

【死亡率30%】重症の急性膵炎になって死にかけた話
白血病になって始まった、僕の2年間の入院生活。 その中で最も辛かったのは、重症の急性膵炎になってしまった事です。  今回は僕が急性膵炎になって、死にかけた経験の話をしたいと思います。

この事実を知ってからの僕は、文字通り「絶望」していました。

気持ちの整理がつかず、何をするのもどうでもよくなってしまっていました。

どうしてかずっとイライラするし、看護師さんだけでなくドクターにもその怒りをぶつけてしまいました。

普段の僕なら出来るだけ看護師さんに迷惑のかからないようにするはずなのに、この時はとにかく人に当たってしまっていました。

 

それくらい「1つの臓器を無くした」という現実を分かっていても受け止める事ができませんでした。

この時の気持ちほど「絶望」という言葉が合う事はないと思っています。

 

そんな状態で夜中に寝れない僕のことを、膵臓が無くなった事を知った2日間、それぞれ違う看護師さんがずっと話しを聞いてくれました。

僕が喋っている事はほとんど八つ当たりみたいな物です。

 

「どうして臓器1つ無くなってるんだ」

「そもそも僕はなんで白血病になっちゃったんだ」

「悪い事してないのにどうして僕がこんな思いをしなきゃいけないんだ」

 

こんな内容のことばかり、僕はこの時思いっきり辛い気持ちを吐き出しました。

その時の看護師さんはあまり多くを喋らず、ただ僕の八つ当たりを聞いていてくれました。

それだけであの時の僕は救われました。

誰か聞いてくれていなければ、この辛い気持ちを抱え込んだままになって、吐き出す場所がないまま、もっと辛い思いをしていたと思います。

 

この時にお世話になった看護師さんもみんな僕と同じ世代で、やっぱり看護師ってすごいなと思いました。

 

掃除のおじちゃんがクリスマスプレゼントをくれた!

僕の入院治療は、最初の5回は1ヶ月以上続く長い入院でした。

そうなると、世間は色々なイベント事の日でも僕は病院で過ごす事になってしまう事がよくありました。

僕はこういうイベント事は楽しむ方なので、病院でそのイベントの日を過ごす事になってしまうのは、やっぱり少し寂しさがありました。

そんな中でも印象に残っているのがクリスマスです!

僕はクリスマスの日も病院で抗がん剤の点滴をする事になり、家には帰れませんでした。

みんなは美味しい物を食べたり、プレゼントをもらったりしているのに、僕は治療で寝たきりです。

「僕も楽しいクリスマスを過ごしたいな。」そう思っていました。

 

そんな気分が沈んでいたクリスマスの日、元気に掃除のおじちゃんが部屋に入ってきました!

「メリークリスマース!!」

この掃除をしてくれているおじちゃんがとても面白い方で、毎日掃除に来てくれた時にお喋りをするようになっていました。

そんなおじちゃんが僕のために、お菓子の詰め合わせを持ってきてくれたのです!

 

僕は本当にびっくりしました!

だってただの患者にわざわざプレゼントをくれるなんて。。。こんなの嬉しすぎます!

普段からこのおじちゃんからは元気をもらっていましたが、クリスマスのこの日は特に嬉しかったです!

 

まとめ

僕は入院中にたくさんの看護師さんにお世話になったし、それ以外に掃除のおじちゃんにも元気をもらっていたりして、本当に多くの人に助けられました。

そして実際に自分が患者になった事で、看護師の凄さを感じる事もできました。

 

白血病になったことで嫌な事や辛い事がたくさんありました。

でも嬉しかった事や感動した事も色々あった事を忘れないようにしたいと思っています!

 

それではまた! ばいにゃら!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました