米津玄師「カンパネルラ」 「銀河鉄道の夜」の繋がりと、込められた思いを考えてみた

雑記

 

先日、YouTubeで米津玄師の新曲「カンパネルラ」が発表されましたね。

僕は早く覚えたくて、その日のうちに何度も聴きました!

 

 

初めて聴いた時は、この曲の歌詞の意味が全くわかりませんでした。

ですが、この新曲「カンパネルラ」は、宮沢賢治の小説「銀河鉄道の夜」と繋がりがあるそうなのです。

 

今回は「カンパネルラ」の歌詞の意味を調べて、米津玄師がこの歌詞に込めたメッセージを考えました。

そしてそれを踏まえた上で、僕がどんな事を感じたかも書いてみようと思います。

 

 

 

米津玄師の曲の印象

 

米津玄師の曲って、どれも聴き入ってしまうんですよね。

 

どの歌も音程が難しかったり、多くの歌で1番と2番の音程やリズムが違うところが面白かったり、独特な世界観で歌詞の意味が簡単にはわからなかったり。

長く聴いていても飽きない、また次も聴きたくなるような曲ばかりです。

 

 

そして僕は、今回のカンパネルラという曲も、詳しい歌詞の意味がわからないまま、なんとなくカッコいいから聴いていました。

 

 

歌詞について調べてみた

 

そうして僕がカンパネルラを何度も聴いていると、YouTubeのオススメにこんな動画が出てきました。

「カムパネルラ」から読み解く米津玄師が描いた銀河鉄道の夜とは【楽曲考察】

 

この動画では、銀河鉄道の夜を読んだ事がない人もわかるように簡単にこの本の内容を話しながら、歌詞とこの本の繋がり、歌詞の意味を解説していました。

 

 

宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」

この小説は有名なので、多くの方が知っているのではないでしょうか。

 

 

偶然、僕の家には昔からこの本があったんです。

 

小学生くらいに読んだ事はあったんですが、その頃の僕にはちょっと難しかったんですよね。

しかもこの本、最後に登場人物である「カンパネルラ」が亡くなってしまうんです。。。

この事だけはよく覚えています。

そのため、僕はこの小説に対して、小さいことからちょっと怖いイメージを持っていました。

 

でもカンパネルラの歌詞と繋がりがあるとなったら、これは読むしかないな!、と思って久しぶりにもう1度読んでみました。

 

改めてこの本を読んでみると、物語の途中に数々の伏線があったり、難しいと感じていた部分もなんとなく理解できて面白かったです。

怖かったイメージも、「誰かを助けて死んだ」という、自己犠牲について考えている本である事がわかって、偏ったイメージだった事に気が付けました。

 

 

また僕の家にあったのは絵本なのですが、この本の最後のページに、

 

「世界がぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ない」

 

といった名言のような詩が載っていました。

 

いい言葉を知れて、読んでみて良かったと思いました。

その後、「カンパネルラ」の歌詞についてもっと詳しく知りたいと思い調べてみました。

 

そこでまた別の方が、「カンパネルラ」の歌詞の考察をしている記事を見つけました。

https://saluteproject.com/2020/08/05/kamupanerura/

 

こちらも詳しく解説されていてとても読んでいて面白く、それと同じくらい考えさせられる物でした。

 

 

調べてみての感想

 

「銀河鉄道の夜」を読んで事で、米津玄師の「カンパネルラ」に対する考えが大きく変わりました。

 

 

最初はただ、かっこいいな、くらいの気持ちでした。

でも今歌詞はとても深い意味があり、米津玄師の考えが詰まっている事を考えるようになりました。

 

 

それぞれの作品から、二人の「自己犠牲」に対する考えの違いを感じる事ができました

 

宮沢賢治は、自己犠牲は美しい、と考えているようでした。

これに対して米津玄師は、自己犠牲が醜い、と言っているわけではないですが、美しいものだとは考えていないようでした。

 

 




 

自己犠牲とコロナについて考えてみた

 

これを僕は、今世界で蔓延しているコロナと合わせて考えてみました。

 

 

今となっては日本でも毎日数百人のコロナに罹ってしまう患者さんがいます。

そしてその方たちのために、一生懸命に動いてくれている人たちがいます。

 

その中で、病院で働いている方は特に、最も近くで患者さんに接するはずです。

そこには、「自分も罹ってしまうかもしれない」可能性があるでしょう。

 

そんなリスクを背負っているのに、

  • 患者さんはどんどん出るため以前より忙しい
  • けどボーナスがなくなったり、給料が増えていない

これはおかしい事だなと思ったのです。

 

「病院なんだから患者のために働け」

「結局は金か」

「患者からの信頼が得られるじゃないか」

という声を聞きますが、それは違うと思います。

 

仕事が絶対ではないはずです。

大きなリスクがあるのだから、せめてそれ相応の報酬がなくてはいけないはずです。

 

 

僕は将来看護師になりたいと思っていますが、ここまで自分が危険を犯してまで看護師になりたいとは思いません。

やってみたい事も仕事も、全てにおいてまずは自分があってこそ出来るのです。

死んでしまっては意味がないような気がします。

 

僕の命は助けてもらった物なので、適当に無駄にしたくないです。

この助かった経験から、僕は自分の気持ちを優先するようになりました。

その点で僕の考えは、米津さんのメッセージに近いのかな、と思いました。

 

【死亡率30%】重症の急性膵炎になって死にかけた話
白血病になって始まった、僕の2年間の入院生活。 その中で最も辛かったのは、重症の急性膵炎になってしまった事です。  今回は僕が急性膵炎になって、死にかけた経験の話をしたいと思います。

まとめ

 

自己犠牲は一見、美しく見えます。

でも自分が死んでしまっては意味がありません。

これからの事は自分があってこそなのです。

「銀河鉄道の夜」と「カンパネルラ」は、とても考えさせられる物でした。

 

 

ここまで読んでいただいた方、ありがとうございます。m(_ _)m

これからも患者体験を通じてわかった事や、僕がみんなに共有したいと思った事を書いていこうと思います。

読んでいただきありがとうございました。

ばいにゃら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました