【白血病になったから今の僕がある!】入院が終わって6ヶ月、入院生活を振り返ってみる

治療が終わって

こんにちは! まるんてです!

僕は2018年5月に「急性リンパ性白血病」と診断されました。

そこから2年間の治療を経験しています。(2020年6月、治療終了)

僕の入院は1ヶ月以上の入院が5回続き、その後は毎月1週間の入院生活を約1年半続きました。

 

 

治療を全て終えたから言える事ですが、本当に2年間はあっという間でした。

ですがこの2年は、今の僕には相当大きな影響を与えました。

それは嫌なことばかりではないと思っています。

治療を終えて少し経った僕の考えを書いていこうと思います。

そして今自分自身の治療を頑張っている方には、これを読んで少しでも勇気を与える事ができたらいいなと思っています。

 

抗がん剤よりも「孤独」の方が辛かった

まず僕は自分が想像していたよりも、抗がん剤の副作用が強くなかったです。

 

「抗がん剤治療」と聞くと、僕は髪が抜けてしまったり、毎日吐き気に襲われてしまう事を想像していました。

髪は抜けてしまいましたが、僕が男だったことや髪に特別こだわりがある訳ではなかったので、実際に脱毛してしまっても全然へっちゃらでした。

もちろん吐き気がなかった訳ではありません。

吐き気を感じる事はありましたが、それでも抗がん剤治療の影響でずっと気持ち悪かったり、吐いてしまう事は1回もなかったです。

看護師さんが言っていたのですが、今の吐き気止めは昔と比べるとどんどんよくなっているみたいです。

吐き気止めの効果がよく出ていたのでしょう、僕が想像している抗がん剤治療ほど辛くなかったので、まだ僕には心の余裕がありました。

 

僕は周りの患者さんと比べても副作用の影響が少なかった気がします。

僕は周りの患者さんとも話す事が多かったのですが、その方たちの話を聞いていると僕なんかよりもひどく副作用が出ている方ばかりで、「僕はまだまだ楽な方なんだろうな。」と感じていました。

 

まあ正直に言ってしまうと、抗がん剤治療にどっちが辛いとか楽だとかではないとは思います。

普通ならこんな治療しなくてもいいはずなのに、どっちが辛いとか楽だとか言うのは失礼と言うのか申し訳ないと言うのか、ちょっと違う気がするのです。

それぞれ症状は違えど、辛いことに違いはないはずですもんね。

 

そんな中で僕は、抗がん剤の副作用よりも辛かった事があります。

それが「孤独」です。

これは僕が友達と喋る事が好きという事もありますが、長く入院が続くときっと誰でも孤独になると思います。

入院中は普段の生活とは全く違い、制限が多すぎてマジでストレスが大きく、僕はすぐに孤独を感じてしまいました。

 

僕はつい先日まで大学に通っていたのです。

それが病院でいきなり大きな病院に行ってくれと招待状を書かれ、そこの病院では不安だと言う事でもっと大きな病院に行って検査して、白血病と診断されて入院になりました。

そして入院が始まってすぐに毎食毎に10錠以上の薬を飲み始め、抗がん剤の点滴が始まっていきました。

しかもその治療中は個室から出れなくなったので、急に友達や家族と喋れなくなりました。

僕の日常がいきなり変わってしまい、僕は入院中の毎日が暇でしょうがなかった。

最初の1ヶ月以上の入院の時はする事が無く、暇なほとんどの時間を寝て過ごしていました。

 

でもその次の入院からはPS4を持って行って、病室ではヘッドホンをつけて友達と喋りながらゲームができた事で、それまで感じていた「孤独」はまったく感じませんでした!

 

僕が入院生活を乗り越える事ができたのは、半分以上が「ゲームができたから」だと思っています(笑)

ある意味で個室で良かったと思っています。さすがに大部屋ではお喋りしながらゲームはできないですからね。

今やゲームはコミュニケーションツールの1つだと思います。

2年間の入院生活、ゲームができたから乗り越えられた! 今やゲームはコニュニケーションツール
僕は白血病になり、2年間の入院生活を経験しました。 この治療を乗り越える事ができたのは、ゲームのおかげといっても過言ではありません。 家からPS4を持って行ってました!  今回はそんな、ゲームをして治療を乗り越えた僕の話を書きます!

 

今思い出すと一瞬だった

こうして今入院を思い返してみると、入院生活は早かったなと感じます。

 

入院中は治療やご飯など嫌な事が多すぎてめちゃくちゃ長く感じていました。

ですが今でも、緊急入院が決まった日のことや白血病と診断された時のこと、初めてマルクをやった時の痛み、急性膵炎で痛すぎて看護師さんにしがみついていた夜のことなど、色々な事を結構しっかり思い出せます。

入院中は、それはもう早く時間がすぎて欲しいと思っていました。

毎日できるだけ寝て、なるべく時間の流れを感じないようにしていた事もあるくらい、早く時間がすぎて欲しいと思っていました。

それも治療が終わった今では早かったなと感じます。

 

ただ僕の体感として、2年間もの時間を過ごしていた感覚をなかなか感じる事ができないですね。

入院中は毎日がほとんど同じ繰り返しでした。

治療があって、決まった時間にご飯が来て寝る。

僕は今22歳ですが、最近やっと20歳になったくらいの気分です。

最近は入院生活が終わった事もあり、やっとちゃんと生きている感じがしてきています!

来年もこの2年の治療期間を巻き返す事ができるよう、頑張っていこうと思います!!

 

「死ぬかもしれない経験」をしてメンタルが強くなった

僕は白血病になった事で自分のために生きようと思えるようになりました。

 

それまでの僕は周りの目を気にしすぎて、周りに合わせていたり尖った事は全くできていませんでした。

今まではそれで良かったし別にそれに不満があった訳では無かったのですが、最近はもっと僕自身がやりたい事をやろうと思っています。

そう思えたのは僕が「死ぬかもしれない経験」をしたからです。

 

僕は入院することになって2回の死ぬかもしれない経験をしました。

1回目は白血病になってしまった事。

2回目は急性膵炎になっていしまった事。

特に急性膵炎を経験してからは、僕の考え方が一気に変わったと思っています。

 

最近では白血病というと、ガンの中では治りやすい病気と言われています。

僕が白血病と診断された時も、自分で白血病について調べてみると治る病気らしかったので、そこまで重く考えていませんでした。

 

しかし急性膵炎の時はさすがにヤバかったです。

あの時は自分でも異常な痛みだったのを覚えていて、ちょっと危ないかなと思ってしまいました。

そして次に気がついた時にはICU(集中治療室)という病院の中で最も危険な状態の患者さんが運ばれてくる場所にいて、3日間意識が無かったそうです。

そしてよく生き残ったと医師に褒められたり、膵臓が無くなってしまった事を聞きました。

【死亡率30%】重症の急性膵炎になって死にかけた話
白血病になって始まった、僕の2年間の入院生活。 その中で最も辛かったのは、重症の急性膵炎になってしまった事です。  今回は僕が急性膵炎になって、死にかけた経験の話をしたいと思います。

 

そこから僕は急に考えが変わりました。

それはこのまま死んでいたら、「僕は何もやり切る事が出来ていない」という事に気がついたからです。

 

僕は今までなんとな~く生きていましたが、こんな死にかけた経験をして僕は「このままでは死ぬ時に後悔する」と本気で思いました。

それからは自分がしたい事に色々挑戦してみたり、自分の意見をちゃんと言えるようになった気がします。

周りの事を考えすぎて縮こまっていないで、ちゃんと自分を持てるようになってきたと思います。

 

間違いなく僕は入院中でメンタルが強くなりました。

 

たくさんの新しい事に挑戦できた

僕は半年以上の長期入院以外にも、1年半ほどの間毎月1週間の入院が続きました。

この期間はとても時間があったので、今までやってみたいと思っていたけどできなかった事を色々やってみる事が出来ました!

プログラミング、料理、ピアノ、ギター、ブログ、筋トレ。

他にも好きなゲームを上手くなりたくて、プロゲーマーのゲームの仕方を調べて本気でゲームをしたりもしました。

大学生のままだったら、この挑戦はできなかったと思います。

なぜなら、僕はやってみたいと思いつつも「時間がないから。。」「きっと失敗するから。。。」と、いろんな言い訳をしてやってこなかったからです。

 

この中には続ける事ができなかった物あります。

プログラミングがそうで、実際にやってみると全く面白さが分からず、1ヶ月でやめてしまいました。

ただ挑戦してその全てが成功する訳ないですよね。むしろ挑戦に失敗は付き物でしょう。

僕はこの6ヶ月で色々な事に挑戦してみて、別に失敗はしてもいいと思いました。

そして僕は今までよりも、失敗する事の怖さが小さくなりました。

失敗してもそこから分かる事だってありました。

ざっくりと簡単なプログラミングについての事や、想像よりも地味だった事、そして僕には向いていなかった事が分かりました。

 

僕はそれよりも「挑戦しない事」の方が失敗だと思います。

いつまでも気になっているくらいなら、いますぐにやってみた方がいいと思います。

その気になっている気持ちは、実際に自分でやってみる以外に解決方法がないのだから。

勇気は一瞬、後悔は一生 【ちょっとでもやりたいと思ったら、まずやってみる】
みなさんは今、やりたい事ができていますか? 僕は19歳で白血病になりました。 それからは色々な事に挑戦しています。 僕はそこで、挑戦することは怖がらなくていい事に気が付きました! むしろ挑戦してみた時点で「勝ち組」です!

 

「普通じゃない経験」ができた

僕は入院した事で、普通の人には経験できない事をたくさん経験できたと思っています。

 

死ぬかも知れない経験、看護師になるつもりが2年間も患者を経験、19歳でICUを経験、インスリン注射、などなど。

昔の僕なら周りと違いすぎて、自分が嫌いになっていてもおかしくないと思います。

でも今の僕は真逆で、むしろ自分に普通とは全く違う特徴ができて嬉しく思っています!

 

普通と違う事を恥ずかしがる必要無いと、僕は最近になって気がつきました。

むしろそれは強みになります!

僕はブログを通して、もし僕と似たような経験をしている方や、抗がん剤治療で辛い思いをしている方の力になれるかもしれない。

僕は普通じゃない経験をしているから、この経験を色んな人に知って欲しい。

こんな特殊な経験を、どうせなら何かで役立てたい。

 

白血病治療は嫌な事が本当にたくさんありました。

白血病にならなくてもいい世界があったら、もちろんそっち側を選びますよ。

でももう白血病になってしまった事実は変えられないし、どうしようもない。そして治すためには辛い治療を乗り越えるしかない。

だったらどうしようもない事を考えるのはやめて、もっと楽しい事を考えていきたいと思いませんか?

 

なんとか生き残れている今では、僕はこの辛い経験もプラスに考えてしまおうと思っています!

 

まとめ

いかがでしただしょうか。

今回は僕がブログを始めて伝えたいと思っていた事を色々書いてみました。

僕の経験が誰かの役に立ったなら嬉しいなと思います。

 

これからも誰かの役に立ちそうな僕の経験をブログに書いていこうと思っています!

よろしくお願いします!

 

それではまた! 良いお年を!

ばいにゃら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました