治療が終わってからどれくらいで復活できたのか

治療が終わって

こんにちは! まるんてです!

僕は2018年5月に「急性リンパ性白血病」と診断されました。

そこから2年間の治療を経験しています。(2020年6月、治療終了)

僕の入院は1ヶ月以上の入院が5回続き、その後は毎月1週間の入院生活を約1年半続きました。

 

今回の記事では、「僕が治療を終えて復活するまでにどれくらい期間がかかったのか」について書いていこうと思います!

 

今入院している方の中には、早く治して早く復帰したいと考えている方もいると思います。

僕も昔そうで、一時期は大きな焦りのような圧迫感がありました。

なのでそんな焦りのある方に向けてこの記事を書こうと思います。

 

僕は治療の2年間、ずっと入院が続いた

まず僕は他の白血病になった患者さんとは、ちょっと違う入院だったと思います。

僕は1ヶ月以上続く5回の入院以外にも、この入院治療が終わった後の維持療法中も入院する必要がありました。

それは5回の入院中に「急性膵炎」という別の病気になってしまい、その後遺症で僕は「膵性糖尿病」という持病を患ってしまいました。

本来の維持療法は錠剤を毎日飲みながら、月1回の点滴のために通院すればいいはずでした。

でも僕は糖尿病のせいでその維持療法が難しくなってしまい、維持療法中も毎月1週間入院しなければいけませんでした。

【死亡率30%】重症の急性膵炎になって死にかけた話
白血病になって始まった、僕の2年間の入院生活。 その中で最も辛かったのは、重症の急性膵炎になってしまった事です。  今回は僕が急性膵炎になって、死にかけた経験の話をしたいと思います。

 

そのため僕は本来ならメインの入院治療が終わったら、なんとか大学に復帰できるだろうと思っていましたができなくなってしまいました。

大学は休学中でも施設費だったりのお金を払わなければいけませんでした。

しかもその額も決して安くはなかったのです。

なので僕は大学を辞める事になってしまいました。

 

こんな事があり、僕はメインの治療が終わった頃に大学を辞め、維持療法中は「ニート」になってしまいました。

 

維持療法に入ってすぐは何もできなかった

長い5回の入院が終わっても、それから約1年半もの間、毎月1週間の入院生活が続きました。

本来ならこの入院は無かったので大学に戻りたいと考えていましたが、きっとそれは厳しかったと思います。

それは体力的にも精神的にも辛かったからです。

 

僕がこの頃の事でよく覚えているのは、天気が悪い日はいつも背中や頭が痛かった事です。

 

これは多分、マルクやルンバールの影響だと思います。

入院中は検査や治療のために何度も後ろの腰あたりのところを針で刺されました。

おそらくこの治療の副作用から頭痛がきているのだと思います。

僕は長い間、低気圧の日や天気の悪い日はよく頭痛がありました。

 

他にも寝違えたわけではないのに背中が異常に痛かったりもしました。

この痛みは結構辛くて、維持療法になってすぐの頃の雨の日は大体寝たきりの事が多かったです。

でも最近はその痛みを感じる事はないです!

やっと治ってきたのかなとホッとしています。

【白血病と言えばこの2つ!】 マルク と ルンバール ってどんな事されるの?
白血病の治療というと、真っ先に思いつくのは「マルク」と「ルンバール」です。 おそらく白血病になると、必ずやる治療です。  今回は実際にこの治療を何度も経験した僕が、この2つの治療について書こうと思います。

 

それからやっぱり長い間毎日だるさがありました。

これは体力が落ちているからという事もあると思いますが、やっぱり原因は毎日飲んでいた薬だと思います。

この薬には「プレドニゾロン」というステロイド剤があったり、「ロイケリン」「メソトレキセート」といった抗がん剤もありました。

そんな薬を毎日飲んでいると、自分は「今日1日頑張ろう!」と思っていても、だるくて身体がついてこないのです。

【体験談】入院中に自分で出来る、抗がん剤の副作用を予防する方法
今回は僕が白血病の治療中に気を付けていた事をまとめました! 抗がん剤には色々な副作用があります。 これらの事を早いうちから知って気をつける事ができれば、治療以外の副作用などで辛い思いをする事を少しでも和らげる事ができるはずです!

 

そんな状態だったので、僕は維持療法中もほとんど家でゆっくりしていました。

 

体力作りのために筋トレを始めた!

長い入院生活をしていると、めちゃめちゃ筋力が落ちてしまいました。

僕は元々痩せている方だったのですが、入院していて筋力が落ちまくり、ガリガリになってしまいました。

 

そんな頃に高校の頃の友達と一緒にご飯を食べにいきました。

するとその友達が「毎日筋トレしてるよ!」と言っていたのです!

これを聞いて僕は「なんで時間が有り余ってる僕は何もしていないんだ?」と思い、その日から筋トレを始めました!

 

筋トレは家から出なくてもできるし、いい体力作りになるし、すぐに始められます!

僕は入院していた方はみんな筋トレするべきだと思います!

ムキムキになるためではありません! 元の筋肉量に戻すために筋トレをするのです!

僕が筋トレを始めた・続けられている理由
こんにちは! まるんてです! 僕は2018年5月に「急性リンパ性白血病」と診断されました。 そこから2年間の治療を経験しています。(2020年6月、治療終了) 僕の入院は1ヶ月以上の入院が5回続き、その後は毎月1週間の...

維持療法になって1年経ってから色々動いてみた

これくらい経ってから、僕は特に身体の事を気にしなくても良くなってきたと思います。

塾バイトを始めてみたり、ジムに通ってみたりと、やっと活発的に動けるようになりました!

 

塾バイトは2020年の6月、ちょうど維持療法の入院が終わる直前に始めました。

僕が維持療法で毎月1週間の入院していたのも6月までだったので、やっとバイトが始められたって感じですね。

始めたと言っても最初の頃は毎月給料が1万円以下で、それくらい少しずつ復帰していきました。

もっと早く、もっとたくさん働きたかったのですが、体力や免疫力が弱っている時に無理するのは良くないと、僕は自分の身をもって経験しています。

なので自分の身体の様子を見ながら、慎重になってできる事を増やしていきました。

【病み上がりは気を付けて!】長期入院が終わってすぐに肺炎になってしまった話
僕は白血病治療の長期入院が終わってすぐ、「ニューモシスチス肺炎」という肺炎になってしまいました。 皆さんには僕のようになって欲しくないのです。 病み上がりは特に気を付けて欲しいので、僕の肺炎になった経験を伝えたいと思います。

 

今の自分にできる事をやったらいいと思う

入院中の僕には焦りのような気持ち以外に、「この時間を無駄にしたくない」という気持ちもありました。

治療している期間は色々な事が制限されているとは言え、時間だけはめちゃめちゃあります。

そんな空いた時間があるために、僕は焦りを感じていたのかもしれません。

なので僕は、その時の自分にできる事で色々な事に挑戦してみました!

 

何か新しい事を始めるという事は、時間があるからこそできる事だと思います!

例えば僕はプログラミングをやってみたり、タティングレースという編み物をやってみたりしました。

新しい事を始めると、僕は早くそれが上手にできるようになりたいので時間を忘れて没頭してしまいます!

その挑戦した結果がダメだったとしても、「やってみた」という経験が得られるし、何よりもあり得ないほど暇な時間を少しでも有意義に使う事ができて良かったと思えます!

【ちょっとでも楽しい入院生活にしたい!】僕が入院中だからこそ出来た事
僕の経験上、入院中はとても時間がありました。 この時間をどうにかして上手く使いたいと思い、僕は色々な事をしていました。 この記事では僕の、「入院中だから出来た事」を紹介しようと思います。

 

まとめ

僕は今はほとんど白血病になる前のような状態に戻っていると思いますが、それも白血病の治療が全てが終わってからです。

昔の僕自身、焦りはあったので気持ちはわかるのですが、「そんなに無理しなくてもいいんじゃないかな。」と思っています。

 

本で読んだのですが、今の人類は平均寿命が100歳になるみたいです。

100年のうちの2年くらいならまだいいかなと思いませんか?

むしろまだ生きれた事だけで嬉しいし、挽回していくためにもこれからはよりやりたい事のために時間を使える気がしています!!(気がしているだけ。)

 

それではまた! ばいにゃら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました